Menu

シポテックスクール工法とは

Home
シポテックス クール工法

特殊反応型無機質系塗材 シポテックス クール工法 とは

 省エネ省力化時代の画期的な特殊反応型無機質系塗材シポテックスは、従来の合成樹脂、水性エマルジョン系塗料とは異なり、アモルファスシリカを含有しているので強アルカリ度を示すコンクリート製品表面に塗装した場合、アモルファスシリカが余剰アルカリ成分を反応吸収するのでエフロレッセンスの影響を排除します。

SIPOTEX クール工法

 更にこの反応により生成したエトリンガイドの針状結晶が躯体表面の微細孔にまで侵入し、付着力が強化されます。
 また、シポテックス中には耐薬品性、耐候性、耐水性等に優れた特殊変性アクリルエマルジョンが混合してあるので、この樹脂と特殊セメント系ゲル及びエトリンガイドの相乗作用により、耐透水性のより強固な塗膜が得られ、この塗膜は経時と共に強度が増加します。
 弊社は30年前(H16年現在)にこの特殊反応型無機質系塗材を開発し、建築・土木構造物が抱える様々な問題の解決に取り組んで参りました。

超対候性、強力な付着力、耐透水性、30年の実績 = シポテックス

省エネ、環境対策に役立つ シポテックス クール工法

シポテックス クール工法

 シポテックスクールベースはシポテックスの特殊なベースが持つ本来の超耐候性、強力な付着力、防水性に更に火山噴出物を用いたシラスバルーンを加えることにより断熱性を付加した多機能特殊反応型無機質塗材です。
 このシポテックスクールベースとシポテックスクールコートを組合せて遮熱、断熱、防水、保護、美装といった複数の効果を同時に併せ持つ塗膜を形成する工法がシポテックスクール工法です。

シポテックス+シラスバルーン+クールコート = シポテックス クール工法

シポテックス クール工法 の主な特徴

●クールベース工法による木陰効果

クール工法がもたらす木陰効果により建物内部の温度が下がり、夏場の作業環境が改善されます。

●省エネルギー・省資源・CO(温室効果ガス)削減

冷房電力の節約により電力コストが削減され、省エネルギー化が実現でき、CO(温室効果ガス)削減に役立ちます。また、屋根材を長期に渡り保護し、屋根の寿命を延ばし、屋根用建築資材の有効活用、省資源にも役立ちます。

●多機能塗膜

防水、防錆、防音、屋根材の強化再生等、塗料のみの工法では得られない多機能なクールベースと高耐久性のクールコートを組み合わせた工法です。

●長年に渡る実績

遮熱断熱工法がまだ一般的ではなかった30年前から施工実績があり、日本国内、海外を含め現在(H16年11月)150万m2以上の実績があります。

塗材から地球環境を考える シポテックス クール工法

電力コストの削減、省エネルギー化、屋根材の長寿命化、建築廃材の削減等の効果をもたらすシポテックス クール工法は地球環境の保全やCO(温室効果ガス)削減にもお役に立ちます。